究極の高さを目指して…

たなぼたで手に入ったルナ城内の家…でも生活するにはちょっと狭い。

だったら上へ伸びるしかない!とばかり、ひたすら上へ上へと拡張して行きました。

 

とりあえず現状はこんな感じでした。これぐらいの高さ(4F)はどこにでもあるし、正直自分でもイマイチだなぁ・・・と思ってました。

でも、昨日は首長選挙もあって内装どころではなかったし、こういうこみいった内装ってのは気合が乗った時じゃないと中途半端になって、更に滅入ってしまうから。

でもまあ、少し目標が見えてきてます。

画像右上に黒い空間が見え始めました。ここが背景のない世界です。ここを目指します。

 

東や北には伸びようがないので、一転西を拡張することに…すると、

 

城壁に座ってる感じがして、なかなか面白くなってきました。

でも、これじゃあ終われない。試行錯誤して東端からはしごを立てることにすると…

 

よし、いいぞ!

城壁の外に出そうです。トロイの木馬とはこんな感じだったのかなぁ?と思ってみたり。

そう言えばゲームウォッチみたいな携帯ゲームでトロイの木馬ってのがあったなぁ…。

 

「トロイの木馬 ゲーム」の画像検索結果

この棒人間はよく覚えてるけど、学研だったかぁ…。

しかし、TROJANと書いてトロイか…昔、トロージャンっていう紳士服があったんだけど。


こちらは別角度から見ています。

天をも恐れぬ所業!現代に蘇ったバベルの塔と言ったところでしょうか?


それはさておき、そろそろ究極の高さが見えてきました。

 

黒い空間に入ると残像が出始めました。自分が移動すると消えるのでバグといういわけではないんでしょうが。

ここからもう一段上がります。すると…

 

よし、完成です!最後はお手製の玉座を置いて座らないと意味がないです。

しかし残像がひどい…。

これで少しは満足しました!

これが私の究極の高さでした。


遠目から見ると…

 

よく登ったもんだ(笑)

UltimaMember Profile

北斗の鍛冶屋
北斗の鍛冶屋
北斗・旧ヘイブン鍛冶場に居座っていた迷惑千万な部族マスクの鍛冶屋。
鍛冶屋なのにシャドウガード、エクソダス、ブラダン、MLボス、ハルドゥーンなどに出没する有様。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)