2DのUO+UOA複合でPOT飲みマクロの作り方

ツイッター上で、武器を持った状態からPOTを素早く飲む方法の質問がよそ様のところにありました。

マクロの組み方を提案してみましたが、ここでは実際に作った方法をご紹介致します。

       

まずはUOAマクロの方から

今回はテストとして、装備武器解除後に青POTを飲むマクロを組んでみます。

 

バック第一階層に青POTを用意して、UOAマクロの記録を押してから、Wクリックで青POTを2回連続で飲み、記録を停止させます。

これで青POT2回飲んだマクロが記録されます。

一回目と二回目の青POTを飲んだコマンド(アイテム使用 タイプ・・・)の間に、

「後で一時停止」を挿入させ、1000~3000程度の範囲で、任意の数値を入れます。

任意の数値は、PCの性能や通信環境で差が出ますが、私の場合は2000にしてみました。

次に1行目を削除させます。

これで一時停止「2000」の後に、青POTを飲むマクロが組めました。

2行目のアイテム使用(青POTを飲む)を、使用後のアイテムの種類と色・・・に変更させます。

次にUOマクロを組みますが、バック第一階層に魔法本を用意して、1th魔法のReactive Armor

を選択します。 

1th魔法は詠唱速度が最速なのが理由で、Reactive Armorの詠唱は、ターゲットの指定が不要なので

1行のみで組み上げることが出来ます。

今回マクロのキーを両方共F9キーに割り振ってみました。

UOA側のキー設定で、UOのマクロも有効にチェックを入れてください。

POT08

↑動画の挿入方法が解っていないので、Wクリックで映像再生出来ると思いますが、

私の戦士の場合、魔法スキルそのものが無い為(エルフ)、1th魔法を詠唱しても失敗します。

詠唱可武器ではない為、失敗であっても魔法スキルを詠唱したことにより、装備していた武器が解除され

バック内に戻ります。

その後任意で指定した時間が経過した後、青POTを飲むことが出来ました。

UOマクロ起動後、UOAマクロの青POTを飲むまでにタイムラグを発生させることで、同一キー入力で

一連の動作を組むことが出来ました。

タイムラグの設定である一時停止「2000」の数値を任意で調整させ、詠唱→武器解除→POTを飲む

の動作の時間を短縮させることが可能です。

 

今回はテストですが、青POTだけでなく、他の回復系POT等の片手または両手に装備していない状態でんしと使用できない行為が、1キーで簡単に出来ます。

装備を戻す際は、手動やUOA等となりますが、応用編で詠唱失敗で武器を解除させた後、事前に登録していた武器(UOA?)に迅速に持ち替えることが出来ます。

宜しければ、試してみてください。